ブランドマーケティング、ブランドマネジメントの経営コンサルティングのMCプロジェクト(MCP)

1)EXCELのCSV商品データの標準パターン

EXCELは、商品データの作成・修正の加工が関数などを使うとしやすいソフトです。
楽天やYahooなどから自店の商品CSVデータをダウンロードして、EXCELで開くと001など前ゼロ(00)が消えたり、桁数が大きい数字(たとえば13桁のJANコード)が「2E+01」などの指数表示されてしまいます。ACCESSで開いてこの部分の列をコピーしてEXCELの当該列にペーストしなければなりません。

楽天・YahooともCSV商品データの基本は、一般的にシステムの世界で言われているCSVの標準の形式の、「区切り文字はカンマ」「ダブルクォートで囲み値内のダブルクォートは二重化」&「極力値内に改行を使わない」が必要です。

【区切り文字はカンマ、ダブルクォートで囲み値内のダブルクォートは二重化、極力値内に改行を使わないCSVデータの作り方】

@EXCELにCSVデータのもとを作成します。
「区切り文字はカンマ」「ダブルクォートで囲み値内のダブルクォートは二重化」のための部品は「"」「","」念のために「,」、これを部品にしてEXCEL の関数CONCATENATE(複数の文字列を結合して、一つの文字列にまとめる)でCSVデータをA列に完成させる方法をとります。

EXCELのCSV商品データの標準パターンを作る関数

上記の画像のようにEXCELのA1・A2の列に関数CONCATENATEを入れる。関数の表記は3行目の式の通りです。

G列「PC用商品説明文」は改行を含んでいます。Yahooではこの文がhtmlタグ
が使えず改行が使えるので、こんな風になることがあります。
H列「モバイル用商品説明文」は改行をhtmlの
タグで表示し、1行データとなっています。楽天は改行が禁止されていますので<br>タグになります。楽天とYahooではこのあたりの規則が異なります。
I列の「PC用販売説明文」はhtmlで作成されていますが、「1行の記述」、「ダブルクォートは二重化(")は("")」されています。
「PC用販売説明文」は文字数制限の値が大きくhtmlで「PC用商品説明文」・「モバイル用商品説明文」に文字数制限で入りきらない商品説明文を入れ、画像と説明文を整形してhtmlで見栄え良くします。普通ならhtmlに改行を入れますが、改行を入れると列数が増え数百アイテムの商品でもCSVデータをEXCELで開こうとすると開くまでに長時間かかってしまいます。htmlを1行にすると非常に軽く開くようになります。

EXCELのA列データをコピーしてテキストエディタ(たとえばテラパッド)にペーストし、拡張子.csvのテキストで保存してCSVデータを作成します。
A列はテキストエディタで次のように記述されています。

EXCELのCSV商品データの標準パターンを作るEXCELのCSV記述内容

以上が記述内容です。
EXCELの保存からCSVテキスト形式保存ではこのようなCSVデータ内容にはなりません。

『CSV形式の標準パターン』

●区切り文字はカンマ ●ダブルクォートで囲み、値内のダブルクォートは二重化
これ必ず満たすようにするには、htmlの中の「"」は、EXCELの「置換」機能や関数で「""」に置き換え、EXCELで「"」「","」を部品にしてEXCELの関数CONCATENATEでCSVデータをA列に完成させ、A列をテキストエディタに張り付けCSVテキストとして保存する。
★注意点
データに「改行」を含む場合、EXCELのA列をコピーして、いきなりテキストエディターに張り付けると不具合が出ます。(1行の全てのセルをまとめて1つのデータにしてしまうなど
) 必ずEXCELのA列をコピーして「Word」に貼り付け、「Word」に張り付いたものをすべて選択してあらためてコピーし、テキストエディターに張り付ける。
商品データのCSVの部分修正など「改行」「"」がない場合は、EXCELの保存からCSVテキスト形式保存で作成したCSVでも問題ありません。

★その他の注意点
『楽天が商品アップをEXCELで作成したCSVをサポート外にする理由』は、
EXCELで「名前を付けて保存」→「その他の形式」「CSV(カンマ区切り)(*.csv)」で保存しCSVデータを作ると、「ダブルクォートで囲み、値内のダブルクォートは二重化」ではない。
CSVデータをEXCELで開くと、001など前ゼロ(00)が消えたり、桁数が大きい数字(たとえば13桁のJANコード)が「2E+01」などの指数表示されてしまう。
2003 以前のEXCELで開く時に商品データに商品説明のhtml(<table>・・・・</table>)があり改行が含まれる場合文字テキストで表示されない。2003以前のEXCELでは表示データー量の限界が低い(2〜3万行以上のデータの表示がメモリ不足で表示できないなど)。などがあります。

『処理能力の高いPCハードと2007以上のバージョンのEXCELとACCESS』が必要です。OSはWindowsが必須です。Macではショッピングモールの提供するシステムを利用できない場合があります。
ハードはIntel Core2Duo 3.0GHz以上 RAM2G以上位が最低必要でしょう。
2007以上のバージョンのEXCELが必要なのは上記の2003以前のEXCELの問題があるからです。
EXCELで商品CSVを開くと桁数が大きい数字(たとえば13桁のJANコード)が「2E+01」などの指数表示されてしまうのは避けられません。
しかし、同じ商品CSVデータをACCESSで開き、
「開く」「テキストファイル(*.txt,*.csv,*.tab,*.asc)」→「区切付き−カンマやタブなどでフィールドが区切られている(D)」次へ フィールド区切り記号「カンマ」 先頭行をフィールド名として使う「チェック」 テキスト区切り記号「"」次へ 桁数が大きい数字(たとえば13桁の JANコード)などの行を反転選択し、データ型「テキスト型」 次へで完了、
EXCELの桁数が大きい数字(たとえば13桁のJANコード)が「2E+01」などの指数表示されてしまっている列にACCESSの同じデータ列をコピーして張り付ければ、元の正しい数値になります。
この処理のためにACCESSが必要です。


Sitemapブランドマーケティング、ブランドマネジメントの経営コンサルティング、MCプロジェクトのサイトマップ RORSitemapブランドマーケティング、ブランドマネジメントの経営コンサルティング、MCプロジェクトのRORサイトマップ XMLSitemapブランドマーケティング、ブランドマネジメントの経営コンサルティング、MCプロジェクトのXMLサイトマップ  株式会社MCプロジェクト Copyright(c)2003 MCProject Co.,Ltd